セラミックは虫歯で歯を削った際に人工的に補う素材

セラミックは虫歯で歯を削った際に人工的に補う素材

「セラミック」とは、一般にはお茶碗にみようかな陶器のことをいいます。 「セラミックス」と書く場合もあるのです。この時、美しい見た目はもちろん持ち合わせた上で、強度も持ち合わせたセラミックが必要になり、長年開発されてきた。セラミックは虫歯で歯を削った際に人工的に補う素材のひとつで、他にレジン(プラスチック)、金銀パラジウム合金(要するに銀歯)、ゴールド(金歯)などがあげられます。歯科業界でも昔からセラミックを使い始めており、白くてとってもきれいな歯を入れることができます。 しかしていながら、お茶碗も時には割れてしまうことがあるように、昔のセラミック(ポーセレン)は割れたり欠けたりしやすといったデメリットを持っておりました。近年、セラミックの強度が格段に上がる製法(e-max)が開発されまして、さらに「ジルコニア」という新たなセラミックを歯でも使用出来るようになってしまいました。

トップへ戻る